東大受験前の心構え

東大受験前の心構えとして大切なことは、勉強ばかりをせずに適度に休息を取り、体調を整えるということが挙げられます。毎日毎日勉強ばかりをしていては、能率が上がりません。能率を上げるためには、誰かとコミュニケーションを取ったり不安を解消しておくということも肝心です。受験に対する不安が強いという場合には、誰かとコミュニケーションを取って話を聞いてもらうということも効果的な方法なのです。

東大受験前は、勉強はそこそこにして早い目に寝る、ということが重要です。寝るという行動は、頭の中を整理整頓させるという意味合いもあるので、次の日の勉強の効率アップをさせるためにも欠かすことができません。

よく寝て、体調をしっかりと整えておくことで最大限の力を発揮させることができるようになります。深呼吸をしっかりとして、気持ちを落ち着けておくということも非常に重要なポイントです。気持ちが焦っているな、と感じたら深く呼吸をして気持ちを落ち着けておきましょう。

また、東大受験前には受験の1時間半前には起きておくようにすることが大切です。なぜなら、寝起きの頭はあまり動いていないので能率が悪いからです。しっかりと早い目に起きて、頭が冴えるように工夫をしておくようにしましょう。